銀行カードローンの審査に落ちる理由は何?

銀行カードローンの審査に落ちる理由として考えられるものは、他の金融機関と変わりありません。
銀行特有の落ちる理由としては預金なしにカードローンを開設した場合が挙げられます。
銀行のカードローンは、預金者へのサービスという位置づけなので預金がない人には申込をさせません。
しかし、銀行によっては消費者金融のように、毎月の返済などをコンビニATMでできるようにしていることもあります。
この場合預金口座は不要ですが融資限度額がかなり低くなります。
そのため、預金があれば融資限度額が設定されるのに、融資限度額が設定されずにゼロになってしまうという事があります。
結局、銀行カードローンの審査に落ちてしまうという結果になってしまうのです。
カードローンおまとめ可能?借り換え出来ない?【審査&金利を徹底比較】