看護師が足りない?

平均寿命は伸びる一方で今は超高齢化社会になってしまいました。
この状況下で、需要が見込まれる職業が医師や看護師、介護士ではないでしょうか。
全て専門知識、特殊な技術が必要な仕事で、簡単な仕事とは言い難いです。
この3つの職業人を増やすことについて政府は、さらに真剣に考える必要性があると思います。
高校進学時点で衛生看護科に入学すると、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。
ただ、途中で進路変更を考えても変更は困難です。
また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、準備期間が足りないために勉強時間や実習をする時間が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。
看護師資格を得るための国家試験は、年に1回実施されています。
看護師が足らないことが問題視されている日本にとっては嬉しいことに、ここ数年での看護師資格の合格率は90%前後と大変高い水準を維持してます。
看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験とは違い、一定のラインをクリアすると合格可能な試験です。
どのような業種でも、業界の中でしかわからない言葉があります。
仕事をスムーズに進めるためとかの訳でいろいろな業界用語が使われているでしょう。
看護を職とする方でも同様に業界用語が使用されています。
一例として、心マは心臓に刺激を与える、乳癌はマンマ、泊り込み治療はアドミッションなど、たくさんのその業界でしか使えない言葉を使うのです。
看護師の資格をとるための国家試験は、年に1度あります。
看護師の不足が問題となっている私たちの国にとってうれしいことに最近の看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を維持している状態です。
看護師の国家試験は、大学のような選抜するための試験ではなく、決まっているレベルをクリアできれば合格することができる試験です。

正看護師転職.com!資格を取るには?【国家試験の難易度は?】